施術が向いている人とは

顔に触れる女性

筋肉に作用して小顔になれるプチ整形

ボトックス注射は小顔整形でも用いられることがあるプチ整形で、施術を受けることでシャープな輪郭を手に入れられます。ただ、気を付けたいのがボトックス注射を受けて小顔効果が出る人と、全く効果が出ない人がいるという点です。ボトックス注射で顔を小さくすることができるのは、エラ部分にある咬筋という筋肉が大きく発達している人のみです。筋肉はトレーニングすればするほど大きく育ちますが、それは身体についている筋肉だけでなく顔も同じと言われています。硬い食べ物を多く口にする人や、歯を食いしばるクセがある人の場合、咬筋が育ってしまい結果エラが張り、ベース型のフェイスラインとなります。ボトックス注射は筋肉の動きを抑制する作用を持つため、咬筋部分に施術を行えば筋肉が痩せて小さくなり、小顔になれるという仕組みです。脂肪がついていて顔が大きく見えるというケースや、骨格自体が大きいという場合は筋肉に作用するボトックス注射で、小顔にすることはできません。グッと奥歯に力を入れて噛みしめたとき、エラ部分がポコッと膨らんだ人はこのプチ整形で顔を小さくできる可能性が高いです。

エラボトックス注射はメスを使わないプチ整形ということもあり、エステ感覚に捉える人も少なくないようです。確かに美容整形の中ではとても手軽に受けられる施術ですが、美容整形である以上ルールやマナーを守らなければいけません。例えば、ドラッグストアで販売されている市販薬やサプリメントを服用する機会が多いという人は、その旨をカウンセリング時に伝えておくようにしましょう。何かしら持病があり毎日、病院から処方された薬を飲まなければいけないという人は、エラボトックス注射が受けられるかどうか医師に相談します。ただ、市販されている頭痛薬や風邪薬、美容のために服用しているサプリメントは、伝える必要性が無いと感じてしまいがちです。ですが市販薬やサプリメントの成分によっては、エラボトックス注射に使われる薬剤と相性が悪いものも存在しています。場合によっては術後にあざが強く出てしまう市販薬やサプリメントもあるので、服用する機会が多い人は術後に飲んでもいいか必ず相談するようにしましょう。

Copyright© 2019 脂肪ではなく筋肉で太くなった部分を細くさせる方法について All Rights Reserved.