小顔治療と美肌治療

顔に触れる女性

同じ部位に対する2つの美容施術

余分な骨を削るのではなく、ボトックスの小顔注射では物を食べる時に使うエラの筋肉にスポットを当て、小顔にしてくれます。切らない施術とはいえ咬筋が原因でホームベース型の顔になっている場合、外科手術クラスの小顔効果を発揮することも多々あるのです。ボトックスには筋肉が動く時に欠かせないアセチルコリンの放出を止める作用があり、これを基軸にエラをスタイリッシュに整形します。アセチルコリンは神経伝達物質のため、脳が咬筋を動かすようにシグナルを送っても、これが出なければ脳の信号は筋肉に届かないのです。そのためボトックスをエラに注入すれば、食事でアゴを動かしても咬筋が使われなくなります。そもそも咬筋が原因でホームベース型の顔になっている理由ですが、それは食事や歯ぎしりといった噛み締め行為で鍛えられ、この筋肉が肥大したためです。つまりエラの筋肉を毎日トレーニングしているのと同じですから、エラは徐々に大きくなる傾向があります。そして、ボトックスで咬筋の伸縮を停止させますと、今度は日を追うごとに痩せ始め、結果的に小顔効果を得られる訳です。

大きく分け、美容整形クリニックで受けられるボトックスのエラ治療には、小顔注射と美肌注射があります。どちらもボトックスを用いるのは一緒ですが、小顔注射では筋肉に作用させ、美肌注射では筋肉を包む表面の繊維や、皮脂腺に作用させるのが特徴です。そのため前者は筋肉内部へ薬液を浸み込ませるように打ち、後者は素肌の浅い部分へ打っていきます。さらに双方では注入薬の濃度も異なり、前者の方が濃く、後者の方が薄めなのが一般的です。また、前者が小顔治療に特化しているのに対し、後者は美肌治療に特化していますが、ある程度なら小顔効果も期待できます。皮膚の浅い部分にボトックスを注入すれば肌が引き締まり、緩んだ皮膚がタイトになることで一定の小顔効果を望めるのです。そのほか、美肌効果としては毛穴を閉じて素肌をなめらかにし、皮脂腺の活動も抑えるため、ニキビができにくい皮膚へと改善してくれます。ですからエラの部分にニキビができやすくて困っている場合でも、後者のボトックス治療がピッタリです。

Copyright© 2019 脂肪ではなく筋肉で太くなった部分を細くさせる方法について All Rights Reserved.